医療法人の事業税の計算について教えて下さい。

株式会社や有限会社と比べて、医療法人は事業税の計算上、優遇されていると聞きましたが、どのように優遇されているのでしょうか。

株式会社や有限会社の事業税の計算は、法人税法上の所得を加減算して事業税法上の所得を算出してからその所得に対して税率をかけます。東京都の医療法人の場合は、

事業税法上の所得×社会保険診療収入の金額/総収入の金額

で算出した部分が非課税となります。総収入にしめる社会保険診療収入の割合が高くなればなるほど、事業税は少なくなります。

事業税の計算は、まず、総収入を漏れなく計上する必要があります。税務調査で収入の計上漏れがあった場合は当然事業税にも影響します。また、非課税になる社会保険収入部分と、課税されるその他の収入部分を、事業税の添付書類にそれぞれ細かく区分して記載することが求められているため、月次損益計算の段階で、あらかじめ収入の細かい内訳を把握しておいた方がよいと思われます。

関連記事

  1. 人件費について注意するべき点は?
  2. 土地・建物を譲渡した際の立退料の取り扱いについて
  3. 会社設立の際の注意点2【資本金の設定】
  4. 医療法人の勘定科目とは?
  5. 給与支払いが遅れた場合の源泉所得税納付書の記入について
  6. 会社設立の際の注意点4【税務署への届け出】
  7. 会社設立の際の注意点5【事業年度が1年に満たない場合】
  8. 会社設立の際の注意点7【事業年度が1年に満たない場合3 一括償却…

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP