医業収益とは?

「医業収益」は、社会保険収入と自費収入に大別されます。

社会保険収入は、1点10円の点数計算で算出されます。社会保険収入は、保険窓口収入と請求収入に分かれます。保険窓口収入は、健康保険証または国民健康保険証の提示によって、診療費の3割程度を患者から収受します(患者の立場からは窓口負担額)。請求収入は、診療費の残り7割部分の収入です。レセプト(請求書)に基づいて、社会保険診療支払基金または、国民健康保険連合会から、(請求月から)2ヶ月後に支払われます。

自費収入は社会保険を使わない収入で、その全額が患者負担です。保険窓口収入及び自費収入は、現金での収受で銀行預金を経由しないため、収入除外や抜き取りが発生する可能性があります。しかし、レセプトの控えや、社会保険診療支払基金または、国民健康保険連合会の入金の通知書には、1点10円となる点数が記載されており、点数×10円−(社保支払基金+国保連合会)の算式から、理論上の保険窓口収入が算出されます。

この理論上の金額と、実際に計上した金額の差が多い場合は、税務調査の際に説明を求められるものと考えられます。

関連記事

  1. メディカルサービス法人との取引について注意するべき点を教えてくだ…
  2. 人件費について注意するべき点は?
  3. 窓口収入をもらわなかった場合は?
  4. 医療法人の研修費・交際費・寄付金について注意するべき点は?
  5. 医療法人の消費税の取り扱いについて注意するべき点を教えてください…
  6. たまたま土地を譲渡した場合の消費税の課税売上割合について
  7. 医療法人の事業税の計算について教えて下さい。
  8. はじめての決算【税金の金額だけ?】

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP