メディカルサービス法人との取引について注意するべき点を教えてください。

例えば、メディカルサービス法人の代表者が医療法人の理事を兼任していた場合、その主たる目的は、医業本業とその他の事業の分離、機動性の確保、医療法人の節税目的であろうと推測されます。

この場合にはメディカルサービス法人は、医療法人との取引が主となります。税務調査の際には、大抵メディカルサービス法人との関係が検討されます。

具体的には、法人としての実態が整っているか、両法人間で損益の調整が行われているような取引はないか、等が焦点となると思われます。取引について契約書を交わす必要があることは言うまでもありませんが、その他、取引条件や価額が第三者と同様か、客観的にみて経済行為として妥当か、等が税務調査を受ける前のチェックポイントです。

関連記事

  1. 会社設立の際の注意点4【税務署への届け出】
  2. 加算税と延滞税について
  3. 窓口収入をもらわなかった場合は?
  4. 法人が土地建物を売却する際の注意点
  5. 会社設立の際の注意点3【領収書の保存と役員報酬の決定】
  6. たまたま土地を譲渡した場合の消費税の課税売上割合について
  7. 会社設立の際の注意点5【事業年度が1年に満たない場合】
  8. 医療法人の勘定科目とは?

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP