窓口収入をもらわなかった場合は?

窓口収入を収受しなかった場合の課税関係については、患者が、

・従業員である場合は、福利厚生費と窓口収入、
・得意先、知人である場合は、交際費と窓口収入
・医療法人の理事については、貸付金または立替金と窓口収入

と処理する必要があるものと考えられます。
窓口収入は、期中は現金主義で計上しているケースが多いと思われます。したがって、期末には未収となっている収入を計上する必要があります。

関連記事

  1. 会社設立の際の注意点5【事業年度が1年に満たない場合】
  2. 加算税と延滞税について
  3. たまたま土地を譲渡した場合の消費税の課税売上割合について
  4. 医療法人の消費税の取り扱いについて注意するべき点を教えてください…
  5. 会社設立の際の注意点2【資本金の設定】
  6. 医療機器を購入した場合、税法上の特典はありますか?
  7. 相続による賃貸アパート・マンションの所有権移転の登記費用の取扱い…
  8. 法人が土地建物を売却する際の注意点

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP