会社設立の際の注意点6【事業年度が1年に満たない場合2 減価償却】

前回のコラムで、会社設立初年度は、
事業年度が1年に満たない場合が多いので、
注意するべき点が多くなる、と申し上げました。

中でもややこしいのが、減価償却です。

減価償却とは、使用期間が1年以上の、10万円以上の資産を購入した場合、
一度に費用化するのではなく、その使用可能期間(耐用年数)に応じて費用化する制度です。

例えば、決算前に、300万円の利益が出ている場合、じゃあ、車でも買って節税しようか、と
300万円の車を買っても、300万円の経費になるわけではありません。
税法上は耐用年数6年ですから、6年かけて費用化しなくてはならないのです。

その結果、300万円の出費の割には、税金が減らないということになり、 資金繰りが悪化することになります。

また、その使用期間(耐用年数)は、法定耐用年数といい、個別に定められておりますので、 勝手に自分で耐用年数を決めるということはできません。

減価償却の計算は、通常、下記の通り行います。

取得価額(買った値段)×償却率(※)×実際に使った月数/12か月

※償却率は、法定耐用年数により決まります。

事業年度が1年の場合を基準として償却率は定められておりますので、
1年未満の場合にはそれに応じた償却率に改定する必要があります。

事業年度が1年に満たない場合には、次の償却率となります。
(平成19年4月1日以降に取得した資産を対象とします)

・定額法の場合の償却率の改定

定額法の償却率×事業年度の月数/12

・定率法の場合の償却率の改定

定率法の償却率×事業年度の月数/12

(1ヶ月に満たない月数は「切り上げ」になります)
また、償却率に端数が生じた場合、小数点3位未満の端数を「切り上げ」ます。

さらに、減価償却限度額の計算をする場合には月数按分も必要になります。
減価償却費×事業の用に供した日から期末までの月数/その事業年度の月数

【計算例】

事業年度(第1期):H22/9/2-H22/3/31
取得価額:300万円
取得日:H22/12/10
耐用年数:6年
定率法償却率:0.417

償却率の計算
0.417×7月/12月=0.24325→0.244
※H22/9/2-H22/3/31→6月と28日→7ヶ月

償却限度額の計算
3,000,000円×0.244×4/7=418,285円
※H22/12/10-H22/3/31→3月と21日→4ヶ月

関連記事

  1. 人件費について注意するべき点は?
  2. 会社設立の際の注意点5【事業年度が1年に満たない場合】
  3. 医療法人の理事の退職金の計算は?
  4. 医療法人の消費税の取り扱いについて注意するべき点を教えてください…
  5. 窓口収入をもらわなかった場合は?
  6. 土地・建物の譲渡による収益の帰属時期
  7. 適用額明細書(様式第一)について
  8. 医療機器を購入した場合、税法上の特典はありますか?

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP