会社設立の際の注意点7【事業年度が1年に満たない場合3 一括償却資産】

事業年度が1年に満たない場合の注意点を申し上げてきました。
前回のコラムでは、減価償却についてご説明いたしましたが、
改めて、

減価償却とは、使用期間が1年以上の、10万円以上の資産を購入した場合、
一度に費用化するのではなく、その使用可能期間(耐用年数)に応じて費用化する制度です。

ここで、10万円以上の資産を購入した場合?と疑問に思われた方もいらっしゃるのでは ないでしょうか。
減価償却の対象となる資産は、一般的には20万円以上ですよね。

税法では、10万円以上と定められているのですが、
会社の任意で、10万円以上、20万円未満の資産は、3年間で均等に償却しても 構わないとされています。

これが一括償却資産と呼ばれるものです。

一括償却資産は、事業年度が1年であれば、3年間で均等に償却するのですが、
正確には、10万円以上20万円未満の資産を合算して、下記の通り損金算入額を計算します。

取得価額(10万円以上20万円未満の資産を合算)×事業年度の月数/36ヶ月

事業年度が1年の場合は、12ヶ月/36ヶ月になりますので、1/3が 損金に算入されます。
事業年度が1年に満たない場合は、1/3になりません。

ちなみに、中小企業者等が、30万円未満の資産を取得して使用した場合、 一度に損金算入できる特例もあります。

これは、事業年度が1年でも、1年に満たない場合も関係ありません。

30万円未満の資産を取得した場合は、 一括償却資産、通常の減価償却、30万円未満の資産を即時償却するか、 選択することができます。

会社の状態によって、検討してみるとよいと思います。

関連記事

  1. 医療機器を購入した場合、税法上の特典はありますか?
  2. 土地・建物の譲渡による収益の帰属時期
  3. 会社設立の際の注意点3【領収書の保存と役員報酬の決定】
  4. 人件費について注意するべき点は?
  5. 医療法人の研修費・交際費・寄付金について注意するべき点は?
  6. 土地・建物を一括譲渡した場合の取り扱いについて
  7. 会社設立の際の注意点【定款と助成金】
  8. 会社設立の際の注意点2【資本金の設定】

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP