土地・建物を譲渡するための交際費の取り扱いについて

土地及び建物を譲渡する際に、交際費が発生する場合があります。

例えば、顔見知りの不動産業者や、地元の有力者に仲介を依頼し、できるだけ早期に、有利な譲渡価額で譲渡してもらうために接待を行うような場合です。

この交際費の取り扱いについては、土地・建物の売却が行われるまで繰延経理を行うべきかどうか疑問が生じます。土地及び建物を譲渡する際に、その譲渡代金から資産の取得費並びに譲渡費用が控除されますが、取得費とは、土地及び建物の本体価格に、取得に要した費用を加算した額のことをいい、譲渡費用は仲介手数料のように資産を譲渡する際に直接要した費用のことをいいます。

この場合の交際費は、本体価格でも取得に要した費用でもないため、取得費には該当せず、資産を譲渡する際に直接要した費用にも該当しません。いうなれば間接経費であるため、譲渡時期まで繰り延べる必要はありません。したがって、通常の交際費と同様に、債務が確定した時期に費用計上することとなります。

関連記事

  1. 医療法人の消費税の取り扱いについて注意するべき点を教えてください…
  2. 医療機器を購入した場合、税法上の特典はありますか?
  3. 短期前払費用とは
  4. 医療法人の勘定科目とは?
  5. 医業収益とは?
  6. 相続による賃貸アパート・マンションの所有権移転の登記費用の取扱い…
  7. 人件費について注意するべき点は?
  8. はじめての決算【税金の金額だけ?】

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP