会社設立の際の注意点2【資本金の設定】

前回のコラムでは、会社設立の注意点として、
・資本金が1,000万円以上なら、開業初年度から消費税がかかる。
・資本金が1,000万円超なら、住民税の均等割が高くなる。
とご説明いたしました。
それでは、資本金が少ない方がよいのか、ということになりますが、
必ずしもそうではありません。
会社法では、資本金1円から会社を設立することができるとされていますが、
仮に、資本金1円で会社を設立すると、信用面で問題が発生する可能性があります。
つまり、資本金1円しかない会社と取引して大丈夫なのかな、と
取引先が躊躇して、せっかくの商談がフイになる可能性があるということです。

ビジネスは、相手があって初めて成立しますので、
ある程度資本金を用意して、本気でビジネスに取り組んでいる
(=ペーパーカンパニーではない)という姿勢を見せることも重要です。
株式会社を設立する場合、印紙税等で20万円ほどかかりますので、その他の経費を考えますと、 少なくとも100万円程度は、資本金を集めてから会社設立する方が無難です。
「ビジネスアイディアはあるのに、お金がないのなら、
会社設立してはいけないのですか」と
お叱りを受けそうですが、
そもそも、会社は、所有(出資者=株主)と経営(業務執行者=社長)が分離されています。
つまり、お金はあるが、投資先を探している人と、
お金はないが、ビジネスアイディアがある人の利害が一致して、行うのが株式会社です。
(もちろん、株主と社長が同じでも構いません)
したがって、お金がないが、ビジネスアイディアがある人は、出資を募ればよいのです。
このような方々のために、「エンジェル税制」があります。
エンジェルとは、個人投資家の意味で、出資額に応じて税金が減るという恩典があります。
このエンジェル税制を使うことで、出資者が集まりやすくなります。
ビジネスアイディアがある方は、ご自分で貯金して、資本金を作るか、
あるいは、エンジェル税制を使って、個人投資家から出資を募るか、
選択の幅が広がることになります。
個人投資家と言っても、遠い世界の方ではなく、友人知人で構いません。
要するに、ビジネスアイディアに投資してくれる他人なら誰でも結構です。

関連記事

  1. 医療法人の勘定科目とは?
  2. 医療法人の消費税の取り扱いについて注意するべき点を教えてください…
  3. 医療法人の研修費・交際費・寄付金について注意するべき点は?
  4. 税務調査について
  5. 人件費について注意するべき点は?
  6. 医療法人の理事長が、メディカルサービス法人の代表者を兼任してもよ…
  7. 相続による賃貸アパート・マンションの所有権移転の登記費用の取扱い…
  8. たまたま土地を譲渡した場合の消費税の課税売上割合について

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩3分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP