医療法人とは?

医療法人は、株式会社や有限会社と比べてどのような点が違うのでしょうか。

医療法人は、医療法に基づく特別な法人です。株式会社や有限会社は営利が目的ですが、医療法人は、医療法7条により、営利目的で設立することはできません。医療法人は許認可制であるため、設立も容易ではありません。現在では医療法改正により、医療法人解散の際には、残余財産を出資者に返還する際、出資額を限度とされることになりました。

また、決算時には決算届を都道府県に提出したり、純資産の総額の変更がある場合には(通常は毎年変わるはずです)その金額を登記しなければなりません。定款の変更を行う際には許認可が、理事の変更を行う際には届出をする必要がある等、株式会社や有限会社と比べて規制が多くあります。

このほか特徴的な点では、医療法人は内部留保を図り、診療に十分な施設や医療機器等を整備することが必要であるため、剰余金の配当が禁止されています。その代わり、留保金課税が行われない、医療用機器、医療用建物について特別償却が可能、社会保険診療に対応する部分の事業税が非課税とされている等、税制面では有利になっています。

関連記事

  1. 会社設立の際の注意点2【資本金の設定】
  2. 医療法人の理事長が、メディカルサービス法人の代表者を兼任してもよ…
  3. 人件費について注意するべき点は?
  4. 土地・建物を一括譲渡した場合の取り扱いについて
  5. 資本的支出と修繕費について
  6. 会社設立の際の注意点4【税務署への届け出】
  7. 会社設立の際の注意点6【事業年度が1年に満たない場合2 減価償却…
  8. 加算税と延滞税について

 

税理士法人 石川小林

 

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-1-16
室町フェニックスビル2F
TEL.03-3517-5884
FAX.03-3517-5885

電車でのアクセス

JR神田駅南口から徒歩5分
JR新日本橋駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線 三越前駅より徒歩3分

 

PAGE TOP